Brushupは8月31日、デザインレビューツール「Brushup」のiOSアプリを公開しました。Brushupユーザーは無料で利用できるとのことです。外出先でもストレスなくレビューしたいというニーズに応えるために開発したということです。Brushupは、イラスト、写真、動画、ドキュメントなどのデータに、手書きのコメントや描き込みをすることで、プロジェクト関係者とデザインを確認するフローを効率化できるレビューツールです。2015年3月にリリースし、これまでに1600社に導入されているということです。また、2月には事業を加速させるため、フェンリルから分社化し、新会社「Brushup」を設立しました。Brushup代表取締役の水谷好孝氏によれば、顧客の比率は「イラスト制作」が44%、「学校教育」が20%、「ウェブ制作」が15%などとなっているということです。たとえば学校教育では、クラーク記念国際高等学校が導入しており、生徒のプレゼンテーション指導やスポーツの改善などに活用しているとのことです。

ASUS JAPANは、Android 7.0搭載タブレット「ASUS ZenPad 10(Z301M)」を9月23日に発売します。価格は2万2800円(税抜、以下同)となっています。「ZenPad 10(Z301M)」は、前モデル「ZenPad 10(Z300M)」からデザインをリニューアルした10.1インチのAndroidタブレットで、Wi-Fi専用モデルで、モバイル通信機能は非対応となります。落ち着いた色合いのダークブルー、アッシュグレー、クラシックホワイトの3色をラインナップしています。背面にはニットパターンを型押し。前面の外周にはゴールドやシルバーのアクセントカラーを使い、質感を高めているのです。横幅は251.7mmと前モデルより約10mm短縮され、重さは約470gと20g程度軽くなっています。ハードウェア上の変更はマイナーチェンジにとどまり、新たにジャイロセンサーを搭載したほか、Bluetoothの対応バージョンが4.0→4.2へとスペックアップしているのです。

Posted in 2017年9月21日 12:00 AM ()

スマホの音楽を取り入れるとすごく便利です

スマホに音楽を取り入れるのは難しいイメージがありますよね。
しかし、結構スマホに音楽を入れるのは簡単だったりします。
スマホに音楽を取り入れる方法を知っておけば、これからどんどんスマホに音楽を入れることができるようになります。
スマホの音楽なのですが、やっぱり日頃移動中なんかに音楽があれば暇つぶしになったりします。
今スマホの音楽が欠かせないなんて人も多いのではないでしょうか?
スマホに音楽をたくさん入れておけば好きな時に好きなだけ音楽を楽しむことができるようになります。
車の中で運転中なんかもかなり活用できます。
スマホに音楽を取り入れる方法としては、パソコンにCDを取り入れます。
音楽を取り入れるようなソフトがあると思うのでそういったものを活用します。
そして、スマホを同期すれば簡単に音楽を取り入れることができるようになりますよ。
音楽を取り入れることができればスマホで自分だけの音楽を作成できるようになります。
私は自分のお気に入りを入れ込んで、それをアルバムみたいに作っています。
これが結構日頃聴く時には便利だったりしますよ。
外出先でも家でもたくさんの音楽を楽しんでみてください。

Posted in 2017年8月21日 12:00 AM ()

スマホのメモリー最小化をしてみたい方は?

スマホのメモリー最適化をしたいという悩みはありますよね。
色々と検索をして、できるだけスマホをサクサク動かしたいと感じたりします。
ストレスなく、スマホを動かしたいと思っている方にはよいものもありますよ。
スマホをサクサク動かすために方法としてメモリーの最小化があります。
このメモリーの最小化もどのようにしたらいいのかとついつい考えがちですよね。
しかし、簡単に行えたりもするようですよ。
一番簡単なのが、キャッシュ削除ですよね。
不要なアプリなどをきちんと消去する事で使うメモリーを増やすことができます。
最近ではアプリを使ってメモリーの最小化をしたりすることもできるようです。
こういった事をすると、スマホだって日頃からサクサクストレスなく使用をする事ができますよ。
スマホを使用していると、どうしてもこういったトラブルが起きてしまうのは仕方がないことです。
しかし、このような対処方法を知っておくことで、そうなった時きちんとした事ができますから試してみてくださいね。
メモリーの最小化を知らないような方もいると思うので見てみてください!
スマホゲームもしっかりと動きが止まることなく使用ができそうです。

フリック入力が苦手な人にはうれしいBluetoothキーボードですが、EwinのミニBluetoothキーボードはUSBドングル経由の接続も可能なうえタッチパッド+バックライト搭載と超お役立ちです。最近Xperiaを遠隔操作するグッズにハマッてしまい、また新たなBluetoothキーボードを見つけました。今回見つけたのはEwinの「mini bluetoothキーボード」です。似たような製品が多いのですが、重視したのはキーボードとマウスパッドがついていること、そしてキーボードにバックライトが付いているということです。あとはXperiaで利用するのでBluetoothで接続できるということ。たまにUSBドングル専用の製品もあるので、Xperiaで使用する際は注意しましょう。サイズは実測で150×100×20mm前後と、Xperia XZと比べると少し大きめです。本体は樹脂製で重量は約127gと適度な重量感があります。キートップは丸みを帯びたゲームパッドのようなデザインで、キーの数は全部で92個。日本語JIS配列キーボードで、キートップにはかなも印刷されており直接かな入力ができそうに見えますが、Androidでは英字配列キーボードとして認識されるため、直接かな入力はできません。ローマ字入力で日本語/英語を切り替えて使います。特徴的なのは本体上部にあるタッチパッドと、たくさんあるメディアコントロールキーです。キーボード操作に加えて、マウス操作やダイレクトボタンでいろいろコントロールできるというのが便利そうです。

Posted in 2017年7月9日 12:00 AM ()

メッシ遊園地??

サッカーには疎い私でも知っていますよ、メッシという選手がいること。顔は思い浮かばないんですけどね^^そのメッシが中国に遊園地を作るそうです。メッシが遊園地?しかも中国??これはたんにネットでの噂話しではなくて、イギリスのスカイという衛星放送局が伝えたものとのこと。

その遊園地の名前は「メッシ・エクスペリエンス・パーク」と決まっているそうで、2年後に中国の南京で開園が予定されているんですって。メッシ一人でこの事業を行うというのではなくて、中国のテレビ局、スペインの企業が共同で出資して作るそうです。その内容は、屋内施設と外のガーデンエリア、そして公共スペースがあり、VR技術を使ったサッカートレーニングなども行われると。

中国ということで、その敷地面積も相当な広さだと思うのですが、メッシ個人の名前だけでこの遊園地に人が来るのか・・ちょっと私的には疑問なんですが^^サッカーファンの人なら行きたい!と思うんでしょうかね^^

個人間無料送金アプリ『Kyash』正式版のサービスが2017年4月5日よりスタートしました。これは割り勘の精算やプレゼントの共同購入、旅行やイベントの集金など、個人間のお金のやり取りが簡単に、無料でできるサービス。現在はiPhone版のみなのですが、追ってAndroid版もリリースされる予定です。このような個人間の送金サービスは『LINE Pay』を始め、いろいろと出てきているのですが、『Kyash』の利点は登録時に本人確認が不要なので、すぐに使い始められるところです。そして『Kyash』のアプリを持っていない人にも、送金ができるところです。お金を受け取るためには結果的にアプリのインストールが必要になるものの、送金する側にとってはアプリを持っているかどうかを確認したり、お金を送りたいけど送れないといった面倒がないのです。送金のためのお金はアプリに登録したクレジットカードやデビットカード(Visa/Mastercard)から出金されます。事前にお金をチャージしておく必要はなく、送金の金額がそのまま引き落とされるので手間がかかりません。『Kyash』アプリを持っている人はもちろん、LINEやFacebook、Twitter、メールを通じてメッセージを送り、リンク先からアプリをインストールしてお金を受け取ってもらうことができるのです。一方、『Kyash』で受け取ったお金は、アプリ内に新しく発行されるVisaプリペイドカードに貯まり、別の人への送金に使ったり、約4400万店のVisa加盟店でのネットショッピングのほか、モバイルSuicaへのチャージなどにも利用できます。
 

先月発表された、Samsung(サムスン)の新型スマートフォン「Galaxy S8」。背面に移動した指紋認証機能だけでなく、虹彩認証や顔認証が使えるのもウリ…なのですが、どうやらこの顔認証のロック解除がスマホに表示した顔写真で突破できてしまうようなのです。そのような動画もアップされています。この動画を投稿したのは、YouTubeアカウントのiDeviceHelpです。登録した顔写真を、他の端末に表示して近づけると…たしかにロック解除できてしまっています。スマートフォンは持ち主とその顔がはっきりしているので、もしかしたら友達や知り合いでもロック解除が可能かもしれません。なおカメラを利用した顔認証にはこのような、他人のなりすまし、あるいは本人が認証されないなどの問題があるので、スマートフォン向けの生体認証の手段としては現時点では主流とはいえません。Galaxy S8の場合も、Samsung Pay(支払いシステム)やセキュアフォルダにアクセスするためには指紋認証や虹彩認証が必要となります。つまり顔認証でのロック解除は、あくまでもお手軽なセキュリティ手段として採用されたのですね。この動画は発表イベントのお披露目の場で撮影されたので、4月21日の出荷日までにはなんらかの改良やセキュリティ対策が施されることが期待できます。Samsungが投入する最高にクールな新型スマートフォン、安心して使いたいものです。

スマホの新機種もどんどん登場をしています。
その度にみんな新しいスマホに注目をしたりしてしまいますよね。
そんな中であの商品がもうこれからなくなっていく事が分かりました。
それはあの懐かしいPHSです。
PHSなんてもうないのではと思っていたのですが、ソフトバンクのワイモバイルではPHSの受付を終了する事が決定したようです。
PHSがまだあったなんてちょっと驚きがありました。
もう今ではスマホが手軽の持てるようになってきました。
そんな中でPHSはもう不要な所があったりするのかもしれませんね。
これからもしかしたらガラケーだってなくなる時代がやってきそうだなといった印象があったりします。
すごくPHSと聞くと懐かしいのですが、もう利用はできないようになるようです。
利用といってもこれから持つことができないだけで、今現在持っている方は変わらず使用ができるようですよ。
スマホも利用しにくいのではと考えがちなのですが、案外利用してみると良いものです。
操作しやすいスマホだって登場してきていますから、誰でも楽しく使えるスマホを持ついい機会になったりもするかもしれませんね。
スマホこれからどのように変わってくのかも気になります

様々なスマートフォンが販売されている中、多くの人に人気を集めているおすすめスマートフォンがあります。
それはドコモのおすすめスマホである「Xperia X Compact SO-02J」です。
このドコモのおすすめスマホは何と言っても持ち歩きやすくて片手でも扱えることが魅力と言えます。
ボディサイズが幅約65ミリ、高さ約129ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約135gとなっていますので、重たくて大きいスマートフォンを嫌がる人はすごく魅力的なサイズですね。
それに、背面からディスプレイ面まで手に馴染む美しいループデザインが採用されていますので、手が小さい人でも片手で扱えると思います。
また、ディスプレイは高精細な4.6インチ大型ディスプレイを搭載していますので、動画やゲーム、撮影した写真などを大画面で見て楽しむことができるでしょう。
それと、3GBのRAMを搭載していますので、アプリの起動や切り替えがスムーズにできます。
だから快適に使用することができるでしょう。
カメラは撮影が苦手な人でも綺麗に撮れるように、最先端のカメラセンサーが3つも付いていますので、どなたでも綺麗な写真を撮ることが可能です。
このような魅力たっぷりのドコモのおすすめスマホを使用してみてはいかがでしょうか。