Phone✫Fun http://www.phone-rate-calculator.com Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 5G対応スマホの「iQOO 9」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/ http://www.phone-rate-calculator.com/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/#comments Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/ “すでにスマートフォンなどで普及し始めている5Gでは、4Gよりも大容量データを素早く送受信することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは国内の機器メーカーだけではなく海外でも多くの機器メーカーから発売されていますが、その中の一つに「iQOO 9」という5Gスマホがあり、高い画素数を生かして幅広いシーンに応える高性能カメラや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約73000円でRAM12GB/256GBモデルが約81000円でRAM12GB/512GBモデルが約88000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約206gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×720でアスペクト比20:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen1 SM8450 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影できる約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(OriginOS Ocean)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2022/04/21/bookmarks-of-20220421/feed/ 0
5G対応スマホの「realme GT Neo」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/#comments Fri, 23 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/ “5Gスマートフォンは回線が安定していますので、4Gスマホよりも大容量のアプリや高画質な動画などが高速でダウンロードすることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme GT Neo」という5Gスマホがあり、望遠でも暗所撮影でも美しい写真が撮れる高性能カメラや高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイ、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや動画視聴やオンラインゲームなどでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/128GBモデルが約34000円でRAM12GB/256GBモデルが約41000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約179gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグラデーション、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは50Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1200 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/07/24/bookmarks-of-20210724/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo Y72 5G」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/#comments Thu, 22 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/ “5Gでは4Gとは比べものにならないほどのスムーズなデータ通信を行うことができますので、自動運転のような重要なことにおいても信頼性の高い通信が行えます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo Y72 5G」という5Gスマホがあり、動画視聴やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに動く高性能CPUや一日中安心して使用できる大容量バッテリー、より広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイや被写体が映える表現が可能な高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約35000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約193gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2408×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、電子式手ブレ補正、AIオート、ナイトモード、超広角撮影、望遠撮影、ポートレートモード、デュアルトーンLEDフラッシュ、スローモーション撮影、パノラマモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 11.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”TOKYO五輪いよいよ今日からです。東京2020オリンピックのワールドワイド公式パートナーサムスン電子公式ページ

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/07/23/bookmarks-of-20210723/feed/ 0
5G対応スマホの「realme V11 5G」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/#comments Mon, 17 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/ “5Gは高速大容量通信を可能にしていますので動画再生もスムーズですし、高画質動画のダウンロードも早いですのでストレスなくスマートフォンを楽しむことができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme V11 5G」という5Gスマホがあり、高い没入感で楽しめる高精細大型ディスプレイやいつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリー、薄暗いところでも綺麗な写真が撮れる高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM4GB/128GBモデルが約2万円でRAM6GB/128GBモデルが約23000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約186gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブルーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、ビューティーモード、HDR、スーパーナイトモード、パノラマモード、スローモーション撮影、ポートレートモード、電子式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/05/18/bookmarks-of-20210518/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo iQOO Neo3 5G」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/#comments Sat, 27 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/ “なにかと話題になっている5Gはビジネスだけではなくプライベートでもスマートフォンで多くの人に使われています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO Neo3 5G」という5Gスマホがあり、高性能CPUや滑らかに映し出す高精細大型ディスプレイなどとゲーム向けの機能も充実したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBが約42000円でRAM8GB/128GBが約46000円でRAM12GB/128GBが約51000円でRAM8GB/256GBが約52000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約198gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはスカイブルー、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度2408×1080でアスペクト比20:9の約6.57インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、HDR、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(iQOO UI)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cです。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/03/28/bookmarks-of-20210328/feed/ 0
5G対応スマホの「moto g 5G plus」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/03/18/bookmarks-of-20210318/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/03/18/bookmarks-of-20210318/#comments Wed, 17 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/03/18/bookmarks-of-20210318/ “5Gによって医療分野では遠隔診断が可能になりますし、この5Gに対応しているスマートフォンでは3Dゲームやオンラインゲームでもスムーズに楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内の大手キャリアだけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「moto g 5G plus」という5Gスマホがあり、薄暗いところでも綺麗な写真が撮れる高性能カメラや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイ、どんな時でも安心して使用できる大容量バッテリーや高性能CPUなどを搭載したミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格は約RAM4GB/64GBモデルが約43000円でRAM6GB/128GBモデルが約49000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約168ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約207gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2520 x 1080でアスペクト比21:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは20Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素+約200万画素のデュアルアウトカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズームなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/03/18/bookmarks-of-20210318/feed/ 0
5G対応スマホの「TCL 10 5G」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/02/27/bookmarks-of-20210227/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/02/27/bookmarks-of-20210227/#comments Fri, 26 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/02/27/bookmarks-of-20210227/ “5Gに対応しているスマートフォンは4Gスマホよりも高い性能をもっていますので、機種変更で4Gスマホから5Gに対応しているスマートフォンに変える人も徐々に増えてきています。
その5Gに対応しているスマートフォンはスタンダードクラスからハイスペックなものまでありますが、その中の一つに「TCL 10 5G」という5Gスマホがあり、動画やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUや高精細大型ディスプレイ、一日中でも安心して使用できる大容量バッテリーや綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約4万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約210gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレーとブルーの2色が用意されています。
ディスプレイはGorilla class3を採用して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、スーパーナイトモード、レーザーオートフォーカス、ポートレートモード、光学式手ぶれ補正、超広角モード、背景ぼかし、デュアルトーンLEDフラッシュ、パノラマモード、HDR、プロモード、フォトタイマーなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(TCL UI)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/02/27/bookmarks-of-20210227/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo X51 5G」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2021/02/20/bookmarks-of-20210220/ http://www.phone-rate-calculator.com/2021/02/20/bookmarks-of-20210220/#comments Fri, 19 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2021/02/20/bookmarks-of-20210220/ “5Gスマホでは4Gスマホよりも通信にかかる時間を短くすることができますので、4Gスマホよりもリアルタイムに近い性能で通信することができます。
その4Gスマホより優れた5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo X51 5G」という5Gスマホがあり、いつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリーや重たいゲームなどでもサクサク動く高性能CPU、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや美しい写真が簡単に撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約99000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約181gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.56インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4315mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素+望遠レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、光学式手ぶれ補正、ポートレートモード、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10 Global)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2021/02/20/bookmarks-of-20210220/feed/ 0
5G対応スマホの「ROG Phone 3 Strix Edition」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2020/11/21/bookmarks-of-20201121/ http://www.phone-rate-calculator.com/2020/11/21/bookmarks-of-20201121/#comments Fri, 20 Nov 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2020/11/21/bookmarks-of-20201121/ “日本でも5Gのモバイルネットワークが充実してきましたので徐々に5Gに対応しているスマートフォンを使う人が見られるようになりました。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内にあるメーカーのものだけではなく海外の様々な機種も発売されていますが、その中の一つに「ROG Phone 3 Strix Edition」という5Gスマホがあり、大容量ストレージや高性能トリプルカメラ、どこでも見やすい高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約171ミリ、厚さ約9.8ミリ、重さ約240gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはBlack Glareのみとなっています。
ディスプレイは解像度2340×1080で19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass6を採用してリフレッシュレートが144Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはソニー製センサーIMX686を採用しており、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、ハイブリッドズーム、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、ビューティーAI、スーパーナイトモード、ポートレートモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2020/11/21/bookmarks-of-20201121/feed/ 0
5G対応スマホの「Xperia 1 II (XQ-AT42)」とは? http://www.phone-rate-calculator.com/2020/11/08/bookmarks-of-20201108/ http://www.phone-rate-calculator.com/2020/11/08/bookmarks-of-20201108/#comments Sat, 07 Nov 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phone-rate-calculatorcom/2020/11/08/bookmarks-of-20201108/ “5G通信の良さを生かした高精細ストリーミング映像転送などによって、医療分野や建設分野などで活用させることができます。
それに4K映像の高速転送だけではなく8K映像の高速転送の普及によってエンターテインメント分野でも活躍されています。
そんな様々な分野で活躍をみせる5Gですが、その5Gに対応しているスマートフォンは数多くあり、その中の一つに「Xperia 1 II (XQ-AT42)」という5Gスマホがあり、高性能カメラや高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約13万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約181gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、ホワイト、フロストブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度3840×1644でアスペクト比21:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、Gorilla Glass 6を採用してリフレッシュレートが90Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1200万画素+約1200万画素+約1200万画素+3D iToFのクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正、ハイブリッドズーム、HDR、ポートレート撮影、ビューティーAI、パノラマモード、スーパーナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでDolby Atmosやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phone-rate-calculator.com/2020/11/08/bookmarks-of-20201108/feed/ 0