Posted in 2015年12月30日 12:00 AM ()

子供のためのマートフォン

“子供のためのスマートフォンということを考えてみましょう。 家族
の人たちがスマホを使用して、子供にもう一台と言えば、やはり経済的負担もかなり大変です。
wi-fi環境以外で動画はほとんど見ない、 お母さんと電話を多少する、Wi-Fi以外、動画は一日6分程度、音声通話は、一日2分が目安で、おすすめ出来るのは、ヤフーの格安スマホ ワイモバイル で月額は3218円 です。
10分以内の無料通話300回というサービスを有効的に利用してください。月間データ通信容量は1GBということで、動画は目安で一日6分程度です。
機種代0円の「DINGO C」は、本体のデータ容量が8GBですが、子供さんだからこそ許容範囲です。 通話の音質と写真の写りもそれ程のレベルを期待出来る訳ではありません。
次にTONE社の「m15」も月額3936円で子供さんにおすすめ出来るスマートフォンです。「フラットパック」に加入して、月間の高速データ通信容量は1GB、1日6分程度動画閲覧も可能です。

心強い味方。メールをチェックする時間で、半日分充電ができるスマホ

Posted in 2015年12月23日 12:00 AM ()

スマホの比較の仕方について

今では、携帯会社からどんどん新しいスマホのモデルが出てきています。
新モデルとなると、デザインや機能も良くなってきてい、注目をしておきたい部分でもあります。
新モデルでは、サイズなども、比較をしたくなる所です。
スマホのサイズなども、人それぞれな部分がありますよね。
大きい人が良いと言う人もいれば、小さい方が良いという人もいます。
小さいと持ち歩きが便利ですし、大ければ画面が大きく見えて良い部分もあります。
なので、新機種からスマホを選らぶのも非常に悩む所です。
新機種の比較をしていく事で、どれが自分に合っているのかを選びやすい部分もあるかもしれません。
新機種のいい部分に注目をしておくのもいいと思います。
スマホと言っても、やはり機種によって機能はまったく違います。
自分がどのような機能が必要なのかを考えて選ぶといいと思います。
デザインだけで選ぶのもいいと思うのですが、やはり機能的な部分も大事ですよね。
私の場合、防水や耐久性というのは重視したい部分です。
スマホを使用していて、こういうトラブルというのは結構あったりするものです。
なので、使用をしていて困らないようにスマホ選びをしていますよ。

世界で初めて、ハンドソープで洗い流せるスマートフォン「DIGNO rafre」を京セラが開発しました。KDDIが12月11日に発売します。KDDIが12月3日、京セラ製のスマートフォン「DIGNO rafre」を発表しました。機種変更とMNPの実質負担額は5400円(税別)を予定しています。DIGNO rafreは、育児をしている女性をターゲットにしたミッドレンジのスマートフォンです。最も大きな特徴としては、世界で初めて(2015年11月1日時点、ネオマーケティング調べ)、ハンドソープで洗い流せる仕様にしたことでしょう。IPX5/IPX8の防水性能をサポートするほか、ハンドソープ水がかかっても問題ないといったまさに女性のためのスマートフォンなのです。これまで、防水携帯に搭載していたパッキン部のOリングは別パーツだったので、本体との間に段差が生じて、そこからハンドソープ水が侵入する恐れがありました。しかし、本機ではOリングを一体成形にして段差をなくすことで、ハンドソープ水が侵入しないことに成功しているのです。マイクとスピーカー穴も、従来よりも1.5倍~1.7倍の穴の広さを確保することで、泡の石けんカスがたまらないよう工夫したものとなっているのです。
スマホカメラでよりキレイな写真を撮る方法 | Galaxy

私たち利用者は、スマホは小さなパソコンだと考えて、パソコンに近い扱いをしがちです。ノートパソコンの場合だと、複数のアプリを立ち上げておくと(インターネットと通信するアプリなどは特に)バッテリー消費が速くなるので、スマートフォンでも同じ理屈が成り立つと思っていないでしょうか?しかしそれは間違いです。スマートフォンはそういう仕組みにはなっていないのです。iOSの場合、コンピューターとは違って、一度起動したアプリが開きっぱなしになることはありません。アプリを切り替えると、それまで使っていたアプリは一時停止状態になって、特に何もしませんしリソースも消費しないのです。こうしたアプリを閉じたとしても、バッテリーには何のメリットもありません。逆に「閉じる」操作そのものがCPUを使用してしまい、バッテリーを食ってしまうのです。アプリを終了することでiPhoneのメモリから消去できます。それ自体は問題ないのですが、そのアプリをあとで立ち上げるときに、同じアプリを再び読み込ませなくてはいけません。このように読み込んだりメモリを解放したりといった作業を繰り返すと、iPhoneに負荷がかかっていくのです。そもそも、iOSは多くのメモリが必要な作業をする場合では、古いアプリを自動的に終了しているのです。

Posted in 2015年12月2日 12:00 AM ()

スマホ おすすめ AQUOS SERIE mini (au)

ちょっと以前まで私達が持っていたものは、ガラケーです。そして、スマートフォンを持つようになり、スマートフォンがどんどん大型化して行くことにちょっと不満を漏らしている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。
スマートフォンでも発売当初のiPhoneの大きさは、縦11.5㎝×横6.1㎝×厚さ1.16㎝です。しかし、 iPhone6では、縦13.81㎝×横6.7㎝×厚さ0.69㎝ 液晶4.7インチということで、スマートフォンの大型化を顕著に感じ取ることが出来ます。
大きいことはいいことかもしれませんが、中には、小さいスマートフォンを求めている人たちも当然いるはずです。そのような人たちへのスマホ おすすめと言えば、AQUOS SERIE mini (au)です。
4.5インチのフルHDを採用したスマートフォン、片手でも使いやすいコンパクトさが定評です。女の子が求めているスマートフォンってこのようなものではないでしょうか。2,120mAhバッテリーを採用し、電池持ちの良さも実現出来ています。

できるだけ安く利用するとなると、自分で端末(SIMフリーのスマホや白ロム)を用意して格安SIMだけを契約したほうが一番安上がりでもっとも自分にあったプランを選ぶことができるでしょう。格安スマホのプランの数は400を超えています。主要なSIMフリー(または白ロム)のスマホ10機種 × 格安SIM(主要な格安SIM10個 × データ量4個)ですから、かなりの量と考えてもいいですね。もっともごちゃまぜの400個のプランから自分にあったベストなプランを選ぶのはほとんど無理だと思います。そこで主要なSIMフリー(または白ロム)のスマホ10機種を選ぶことと、格安SIMを選ぶことを分けることで、400個あった組み合わせからさらに10個+40個で50個に一気に絞ることができます。自分でスマホを用意して格安SIMだけを契約する方法を、これからオリジナルの格安スマホと呼ぶことにします。オリジナルの格安スマホの選び方としては、まずは回線の種類を決めることです。まず最初にドコモ回線(ドコモ系の格安SIM)を使うかau回線(au系の格安SIM)を使うかを決めます。ドコモ回線の場合は選べる機種や格安SIMの数がたくさんあるのですが、通信速度がau回線よりも遅くなるというデメリットもありますので注意が必要です。au回線の場合は、選べる機種や格安SIMの数やデータ量の選択肢が少ないですが通信速度が爆速ですから速度を求めるならこちらですね。