Posted in 2017年12月22日 12:00 AM ()

CDが売れない時代なのです

CDが売れなくなったといわれて久しい昨今、一般社団法人日本レコード協会によると、2016年における日本国内CD生産枚数は1億7490万枚です。CDバブルと呼ばれていた1998年には年間で4億5000万枚以上のCDが生産されていて、ピーク時の4割以下の規模となっていることがわかります。「すでに、10代から20代前半の若い世代では、CDを買ったことがないという人も珍しくなく、さらにはCDを聞く環境がないというケースも多いのです。CDドライブが付いていないパソコンも多いですし、CDは音楽を楽しむメインのメディアではなくなりつつあるのは事実です」(音楽ライター)CDで音楽を聴かない人は、iTunesやレコチョクなどの音楽配信サイトで楽曲を購入したり、Apple MusicやSpotifyなどの月額定額制のサブスクリプションサービスを利用したり、あるいは、YouTubeにアップされているミュージックビデオを楽しんだりしているのです

Brushupは8月31日、デザインレビューツール「Brushup」のiOSアプリを公開しました。Brushupユーザーは無料で利用できるとのことです。外出先でもストレスなくレビューしたいというニーズに応えるために開発したということです。Brushupは、イラスト、写真、動画、ドキュメントなどのデータに、手書きのコメントや描き込みをすることで、プロジェクト関係者とデザインを確認するフローを効率化できるレビューツールです。2015年3月にリリースし、これまでに1600社に導入されているということです。また、2月には事業を加速させるため、フェンリルから分社化し、新会社「Brushup」を設立しました。Brushup代表取締役の水谷好孝氏によれば、顧客の比率は「イラスト制作」が44%、「学校教育」が20%、「ウェブ制作」が15%などとなっているということです。たとえば学校教育では、クラーク記念国際高等学校が導入しており、生徒のプレゼンテーション指導やスポーツの改善などに活用しているとのことです。

スマホの初期化方法もきちんと把握しておく必要がありますよね。
スマホを初期化しなくてはいけない状況になり、しっかりと把握しておけばやっぱり便利なものです。
最近では、スマホを下取りに出す人もかなり増えてきました。
そうなったからこそ、やっぱりきちんと初期化方法を覚えておかなくてはいけません。
スマホの初期化設定もやり方さえ覚えれば簡単にできます。
しかし、この初期化方法なのですが、データを守るためにも大切な事だったりしますよね。
スマホを買取してもらうなんて時にデータが残っていては大変なものです。
きちんと初期化をしておけば、そんな不安もなくなります。
スマホの初期化方法としては、初期化設定をする前に、暗号化をしておかなくてはいけません。
この暗号化というのは、データを守るためにはとっても大切なものです。
データも初期化をした所で、復元される可能性があったりするのです。
その復元を防ぐために暗号化がひつようになるのです。
暗号化をしておけば、そういったトラブルからスマホのデータを守ることができます。
スマホのデータにはたくさんの個人情報が入っている分きちんと守れるようにしておきたいものです。