Posted in 2015年10月10日 12:00 AM ()

バッテリー充電も腹八分がいいようです

スマホはバッテリーを充電して使うようになります。バッテリーが持たないと嘆いている人はバッテリーの劣化が激しいのかもしれません。普段使いでもバッテリーは2年、早い人で1年で買い換えたほうがいいとされています。もっともバッテリーの劣化に気をつけている人はそのバッテリーの劣化スピードを抑えることができるのです。そのポイントとなるのは充電と放電の繰り返しです。これを一つのサイクルとすると、このサイクルの回数が多いほど劣化が進みます。実はこのサイクルは量には関係なく回数に大きな影響があるようで、昔は充電したらできるだけ最後まで放電して、つまり使い切ってから充電するように、というのはバッテリーの性能が上がった現在でも生きているということですね。ですので充電中にスマホを使うのは際限なく充電と放電を繰り返しているのでバッテリーに一番悪い状態となるのです。また使用温度はできれば10度から30度の間が望ましいです。氷点下から50度まで大丈夫なのでは?ということですけど、熱いのも寒いのも苦手なのでバッテリーのことを考えると10度から30度の間で利用するのが理想的だとされているのです。さらに一番いいのはフル充電ではなく80%充電がバッテリーの長持ちの基本とされているのです。バッテリーにも腹八分の精神が生きているということですね。
スマホ 充電

Posted in 2015年10月10日 12:00 AM ()

バッテリー充電も腹八分がいいようです

スマホはバッテリーを充電して使うようになります。バッテリーが持たないと嘆いている人はバッテリーの劣化が激しいのかもしれません。普段使いでもバッテリーは2年、早い人で1年で買い換えたほうがいいとされています。もっともバッテリーの劣化に気をつけている人はそのバッテリーの劣化スピードを抑えることができるのです。そのポイントとなるのは充電と放電の繰り返しです。これを一つのサイクルとすると、このサイクルの回数が多いほど劣化が進みます。実はこのサイクルは量には関係なく回数に大きな影響があるようで、昔は充電したらできるだけ最後まで放電して、つまり使い切ってから充電するように、というのはバッテリーの性能が上がった現在でも生きているということですね。ですので充電中にスマホを使うのは際限なく充電と放電を繰り返しているのでバッテリーに一番悪い状態となるのです。また使用温度はできれば10度から30度の間が望ましいです。氷点下から50度まで大丈夫なのでは?ということですけど、熱いのも寒いのも苦手なのでバッテリーのことを考えると10度から30度の間で利用するのが理想的だとされているのです。さらに一番いいのはフル充電ではなく80%充電がバッテリーの長持ちの基本とされているのです。バッテリーにも腹八分の精神が生きているということですね。
スマホ 充電

Posted in 2015年10月10日 12:00 AM ()

バッテリー充電も腹八分がいいようです

スマホはバッテリーを充電して使うようになります。バッテリーが持たないと嘆いている人はバッテリーの劣化が激しいのかもしれません。普段使いでもバッテリーは2年、早い人で1年で買い換えたほうがいいとされています。もっともバッテリーの劣化に気をつけている人はそのバッテリーの劣化スピードを抑えることができるのです。そのポイントとなるのは充電と放電の繰り返しです。これを一つのサイクルとすると、このサイクルの回数が多いほど劣化が進みます。実はこのサイクルは量には関係なく回数に大きな影響があるようで、昔は充電したらできるだけ最後まで放電して、つまり使い切ってから充電するように、というのはバッテリーの性能が上がった現在でも生きているということですね。ですので充電中にスマホを使うのは際限なく充電と放電を繰り返しているのでバッテリーに一番悪い状態となるのです。また使用温度はできれば10度から30度の間が望ましいです。氷点下から50度まで大丈夫なのでは?ということですけど、熱いのも寒いのも苦手なのでバッテリーのことを考えると10度から30度の間で利用するのが理想的だとされているのです。さらに一番いいのはフル充電ではなく80%充電がバッテリーの長持ちの基本とされているのです。バッテリーにも腹八分の精神が生きているということですね。
スマホ 充電

Posted in 2015年10月5日 12:00 AM ()

バッテリー充電中にスマホの操作はしない

スマホのバッテリーを生かすも殺すも利用者の使い方次第なのですが、ここではやはりこれはだめというNG操作をまとめてみました。まずは基本中の基本なのですけど、よくやりがちなのが充電しながらスマホを使うことですね。スマホのバッテリーに使われているのはリチウムイオン電池です。この電池の特徴は小さい割にエネルギー効率がいいので電池を使い切らなくても充電をする、「つぎ足し充電」に対する耐性があるなど現在のバッテリーの中では最適な素材なのです。小さくて効率がいいのは携帯のバッテリーの要素に欠かせませんから、業界ではこのバッテリーの性能に磨きをかけてきたのです。それでもスマホの性能も上がっていろいろなことができるようになるとバッテリーの性能が上がっても結局は同じようなことになるので、つねにバッテリーの残量を気にしなくてはいけません。そのような中でも利用者のほうもバッテリーの負担にならないように気をつけなくてはいけないのです。誤った使い方の例としては冒頭にあげた充電をしながらスマホを使う行為です。これはスマホでゲームをしたり動画をみたりとCPUに大きな負荷をかけるとスマホが発熱するのですがそのような状態のときに充電しているとバッテリーの劣化を早めてしまうのです。

Posted in 2015年10月5日 12:00 AM ()

バッテリー充電中にスマホの操作はしない

スマホのバッテリーを生かすも殺すも利用者の使い方次第なのですが、ここではやはりこれはだめというNG操作をまとめてみました。まずは基本中の基本なのですけど、よくやりがちなのが充電しながらスマホを使うことですね。スマホのバッテリーに使われているのはリチウムイオン電池です。この電池の特徴は小さい割にエネルギー効率がいいので電池を使い切らなくても充電をする、「つぎ足し充電」に対する耐性があるなど現在のバッテリーの中では最適な素材なのです。小さくて効率がいいのは携帯のバッテリーの要素に欠かせませんから、業界ではこのバッテリーの性能に磨きをかけてきたのです。それでもスマホの性能も上がっていろいろなことができるようになるとバッテリーの性能が上がっても結局は同じようなことになるので、つねにバッテリーの残量を気にしなくてはいけません。そのような中でも利用者のほうもバッテリーの負担にならないように気をつけなくてはいけないのです。誤った使い方の例としては冒頭にあげた充電をしながらスマホを使う行為です。これはスマホでゲームをしたり動画をみたりとCPUに大きな負荷をかけるとスマホが発熱するのですがそのような状態のときに充電しているとバッテリーの劣化を早めてしまうのです。

Posted in 2015年10月5日 12:00 AM ()

バッテリー充電中にスマホの操作はしない

スマホのバッテリーを生かすも殺すも利用者の使い方次第なのですが、ここではやはりこれはだめというNG操作をまとめてみました。まずは基本中の基本なのですけど、よくやりがちなのが充電しながらスマホを使うことですね。スマホのバッテリーに使われているのはリチウムイオン電池です。この電池の特徴は小さい割にエネルギー効率がいいので電池を使い切らなくても充電をする、「つぎ足し充電」に対する耐性があるなど現在のバッテリーの中では最適な素材なのです。小さくて効率がいいのは携帯のバッテリーの要素に欠かせませんから、業界ではこのバッテリーの性能に磨きをかけてきたのです。それでもスマホの性能も上がっていろいろなことができるようになるとバッテリーの性能が上がっても結局は同じようなことになるので、つねにバッテリーの残量を気にしなくてはいけません。そのような中でも利用者のほうもバッテリーの負担にならないように気をつけなくてはいけないのです。誤った使い方の例としては冒頭にあげた充電をしながらスマホを使う行為です。これはスマホでゲームをしたり動画をみたりとCPUに大きな負荷をかけるとスマホが発熱するのですがそのような状態のときに充電しているとバッテリーの劣化を早めてしまうのです。

Posted in 2015年10月5日 12:00 AM ()

バッテリー充電中にスマホの操作はしない

スマホのバッテリーを生かすも殺すも利用者の使い方次第なのですが、ここではやはりこれはだめというNG操作をまとめてみました。まずは基本中の基本なのですけど、よくやりがちなのが充電しながらスマホを使うことですね。スマホのバッテリーに使われているのはリチウムイオン電池です。この電池の特徴は小さい割にエネルギー効率がいいので電池を使い切らなくても充電をする、「つぎ足し充電」に対する耐性があるなど現在のバッテリーの中では最適な素材なのです。小さくて効率がいいのは携帯のバッテリーの要素に欠かせませんから、業界ではこのバッテリーの性能に磨きをかけてきたのです。それでもスマホの性能も上がっていろいろなことができるようになるとバッテリーの性能が上がっても結局は同じようなことになるので、つねにバッテリーの残量を気にしなくてはいけません。そのような中でも利用者のほうもバッテリーの負担にならないように気をつけなくてはいけないのです。誤った使い方の例としては冒頭にあげた充電をしながらスマホを使う行為です。これはスマホでゲームをしたり動画をみたりとCPUに大きな負荷をかけるとスマホが発熱するのですがそのような状態のときに充電しているとバッテリーの劣化を早めてしまうのです。

基本的に3キャリアを比較する場合は電波の入り具合や速度といったものに重点を置いてきたように思います。もっとも電波の入り具合という点では早くから独占状態にあったドコモのインフラが圧倒的だったこともあり、いまだにエリアを考えた場合はドコモが一番でありそれは地方にドコモユーザーが多いことからもわかります。それでも今はそこまでの差がないくらいになっているので、auやソフトバンクユーザーも地方でかなり巻き返しているといえるでしょう。このエリアではソフトバンクが速かった、こちらではauがダントツだったといったエリアや速度の比較は現在ではどうもお腹いっぱいの様相になってきたように思えます。一般的には、どこも大して違いはない、とかauでもソフトバンクでもドコモでもどこでも快適に使えるからいいのでは、といったようにネットワークの均質化がいつのまにか定着しているのです。もっとも今回のiPhone6sの発売に合わせてドコモが最速で262.5Mbpsをアピールしていてさらに速度の戦いが始まるのかと言った様相になってきました。もっともこの速度もそれほど突出しているというものではないのでそこまで加熱するとの予想はなく、どちらかというとauが仕掛けたスーパーカケホの千円引きなど料金のほうで熱い戦いが繰り広げられそうです。
auの最新機種

基本的に3キャリアを比較する場合は電波の入り具合や速度といったものに重点を置いてきたように思います。もっとも電波の入り具合という点では早くから独占状態にあったドコモのインフラが圧倒的だったこともあり、いまだにエリアを考えた場合はドコモが一番でありそれは地方にドコモユーザーが多いことからもわかります。それでも今はそこまでの差がないくらいになっているので、auやソフトバンクユーザーも地方でかなり巻き返しているといえるでしょう。このエリアではソフトバンクが速かった、こちらではauがダントツだったといったエリアや速度の比較は現在ではどうもお腹いっぱいの様相になってきたように思えます。一般的には、どこも大して違いはない、とかauでもソフトバンクでもドコモでもどこでも快適に使えるからいいのでは、といったようにネットワークの均質化がいつのまにか定着しているのです。もっとも今回のiPhone6sの発売に合わせてドコモが最速で262.5Mbpsをアピールしていてさらに速度の戦いが始まるのかと言った様相になってきました。もっともこの速度もそれほど突出しているというものではないのでそこまで加熱するとの予想はなく、どちらかというとauが仕掛けたスーパーカケホの千円引きなど料金のほうで熱い戦いが繰り広げられそうです。
auの最新機種

基本的に3キャリアを比較する場合は電波の入り具合や速度といったものに重点を置いてきたように思います。もっとも電波の入り具合という点では早くから独占状態にあったドコモのインフラが圧倒的だったこともあり、いまだにエリアを考えた場合はドコモが一番でありそれは地方にドコモユーザーが多いことからもわかります。それでも今はそこまでの差がないくらいになっているので、auやソフトバンクユーザーも地方でかなり巻き返しているといえるでしょう。このエリアではソフトバンクが速かった、こちらではauがダントツだったといったエリアや速度の比較は現在ではどうもお腹いっぱいの様相になってきたように思えます。一般的には、どこも大して違いはない、とかauでもソフトバンクでもドコモでもどこでも快適に使えるからいいのでは、といったようにネットワークの均質化がいつのまにか定着しているのです。もっとも今回のiPhone6sの発売に合わせてドコモが最速で262.5Mbpsをアピールしていてさらに速度の戦いが始まるのかと言った様相になってきました。もっともこの速度もそれほど突出しているというものではないのでそこまで加熱するとの予想はなく、どちらかというとauが仕掛けたスーパーカケホの千円引きなど料金のほうで熱い戦いが繰り広げられそうです。
auの最新機種