Posted in 2015年11月28日 12:00 AM ()

ドコモ スマホを格安スマホに

ドコモ スマホを格安として使用する時、何かしら注意をしなければならないことってあるのでしょうか。docomoスマートフォンを中古で安く購入して、 そして今話題になっている格安SIMと組み合わせるということになります。
ただし、ドコモのSIMをまず解約して格安SIMでの使用の場合、端末のソフトウェアが更新ができなくなる可能性があります。それが必要という場合にはスマートフォンをメーカーに預けて有料で、アップデートをしてもらうというちょっと面倒くさい、訳の判らない作業が必要です。
修理保証サービスという視点に立てば、格安スマホで大丈夫でしょうか。 修理保証サービスは、購入後1年以内であれば、SIM解約の後でも、継続して受けることが出来ますが、それ以降紛失や水没ということがあれば、修理代でお金がかかり全然格安スマホの意味を成さないということが起こるかもしれません。
spモード契約者のみが利用できるテザリングサービスやドコモメールの利用もできなくなり、「あれっ?」と後から後悔することがあるかもしれません。それをまず最初に知らなければなりません。
ドコモ スマホ

ゲオ店舗で取り扱っている中古スマホの買取ランキングをベースに、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、SIMロックフリーの4ジャンルごとに、買取価格の高いランキングを毎月お届けしています。今回は10月1日~31日に集計されたランキングが興味深かったのでその結果を照会してみます。ランキングは、まず3キャリアとSIMロックフリーのスマートフォンで、買取の多かったベスト10を算出しています。その中で、買取最高値の高い順に並び替えて、中古スマホの販売最安値も並記しているのです。よく買い取られていて、かつ買取価格の高いスマホが分かるというわけですね。ただし買取価格はあくまで「最高値」であって、端末の状態によって買取価格はより安い場合があるので注意したいところです。2万円で買取ってくれるという情報を持って来店しても実際は1万円だったということはよくあるのです。販売価格は「最安値」も掲載しているため、こちらも端末の状態によってはより高価な場合があります。全体を見ると、iPhoneが高額で買い取られていることが分かります。この中で最も高く売れるのが、ドコモの「iPhone 6(64Gバイト)」の3万4000円(税込)です。後継機の「iPhone 6s」が発売されて、iPhone 6の買取が増えていることが想像できます。ドコモのiPhoneは、同じモデル・容量でもKDDIやソフトバンクよりも高く買い取られているのが特徴です。これはドコモのiPhoneなら、(6sより前のモデルでも)SIMロックを解除せずに、そのままドコモ回線を使った格安SIMを利用できて、価値が高いと判断されているためですね

Posted in 2015年11月26日 12:00 AM ()

” スマホ 充電 緊急対策”

スマホ 充電の問題って、私達が日常生活でいつも考えることであり、町中を歩き、ついついスマホのバッテリーは大丈夫かと不安視してしまうものです。
スマホカメラ、音楽、アプリ、会話だけでなく、いろいろな用途でスマホを使用しているので、もっとスマホには体力を持っていただかねばなりません。しかしやっぱりバッテリーには限界というものがあります。スマホが充電出来るスポットに注目しましょう。
キャリアショップ へ駆け込むというのも有効的方法です。海外で困ったという場合、サービスカウンター・旅行代理店、ホテルにおいても無料充電サービスを行っているのでチェックしてみましょう。
家電量販店 というのも緊急措置として充分使える場所です。ただし、全部の家電量販店 がということではありませんので確認をしてください。
「ドン・キホーテ」の一部店舗でも可能ということです。そして次に注目はファストフード店 です。ネットカフェ、マンガ喫茶 もカラオケボックス も、今、当たり前に困っている充電問題に対応してくれています。

Posted in 2015年11月23日 12:00 AM ()

auで電気が購入できるように

最近、auに加入をしたなんて人もきっといるのではないでしょうか?
そんなauが来年から新しいサービスをスタートさせるそうです。
見て驚いたのですが、auはなんと来年から、電気を売るというサービスをスタートさせるみたいです。
2016年春予定しているようで、これからどのように展開をしていくのかに注目したいものです。
au電気という名で始めるそうですが、これから話題となってきそうですね。
携帯会社が電気を売るようになるなんて想像もしていませんでした。
しかし、auを利用する事で、電気がお得に利用ができるようになるかもしれません。
auでは、携帯を利用している方に、通話料と電気のセットの割引も始める予定みたいです。
電気がお得に安く利用ができるのであれば、利用をしたいものです。
まだ、詳細がしっかりと出ていない状況なので、これからの情報に注目をしておきたいです。
光熱費なども、毎月結構な負担があるので、auを利用する事で少しでも節約ができれば嬉しいです。
このサービスが始まる事で、auにかなり注目が集まりそうです!
若者から主婦まで、生活のかかせない電気を提供をしてくるという事になるとすごいなと実感をしています。

Posted in 2015年11月21日 12:00 AM ()

“スマホ カメラiPhoneかAndroidか “

iPhoneとAndroidって一体スマホ カメラはどっちが性能がいいのでしょうか。iPhoneと言えば現在、注目はiPhone6、 そしてAndroidはSONYのXperia Z3、SONYのXperia Z3はAndroidの中でも結構カメラの評判が高いようです。
実際にスマートフォンカメラの性能は格段と上がっているので、広間撮影した場合、それほど大きな違いが判らないかもしれません。
ポイントは夜です。その時、Xperia Z3の勝利だということははっきりと判る筈です。Xperia Z3は、 ISO12800であり、iPhoneと比較すれば、明るく写真が撮れています。ホワイトバランスもiPhoneと差がよりはっきりしています。
iPhone6はといえば、 ISO500 なのです。ブログに載せる程度なら、iPhoneでも充分ですが、大きなディスプレイが表示ということになれば、その違いは明確になってしまうでしょう。Xperiaの方が、 人物やペット、乗り物なども明確に写っています。夜間でも明るいかということは一つの検証の決め手です。
Galaxy

Posted in 2015年11月19日 12:00 AM ()

本物の牛革を使ったスマホ

こんなスマホ、これまでにあったんですね?!auのスマホとしては初めて本物の牛革を使ったカラー?デザインが発売されるそうです。発売日は今月の20日とのこと。これはLGのスマホで「isai vivid LGV32」の新色として発売されるとのことです。ということは、カラー違いでの発売ということでしょうね。レザーの色はブラウンとブラック。ちょうどこのニュースの記事の上の方にブラウンカラーの写真が載せられていたんですが、ソフトなブラウンという印象で質感も手に当たる感じも良い雰囲気。さらに、別ページでブラックの方も見たのですが、イイですよ!ビジネスマンがこのようなスマホを持っている姿、様になる気がします^^この牛革ですが、「植物性タンニンなめしを施した天然皮革を使用し、湿った環境でも腐敗しないよう後処理にこだわる」といった、かなり力の入ったもののようです。しかも、真ん中縦にラインが入っているのですが、その縫い目がまた高級感を感じさせるもののように見えます。そもそもこの「isai vivid LGV32」は今年の夏モデルとしてすでに発売されていたものなんだそうです。なので、カバーだけを革に変えることも可能とのことですよ!

Posted in 2015年11月13日 12:00 AM ()

スマホ カメラおすすめ最強機種

スマホ カメラを期待して購入と言う人たちに、本当にカメラ最強のスマートフォンはどれなのでしょうか。
isai vivid LGV32もカメラ重視の人に結構おすすめ出来るスマートフォンです。ここには、F値1.8のレンズを採用した約1,600万画素のメインカメラを搭載しています。このスマートフォンは、 一眼レフが嫉妬するスマホのようです。光学式手ぶれ補正機能、シャッタースピードのコントロールや、ホワイトバランス、露出補正、そしてISO感度の各種パラメーターを調整が可能、一眼レフと同様のマニュアル操作が出来ます。そしてかなり暗い場所においての被写体の検出性能も充実・向上しているとのことです。
HTC J butterfly HTV31もかなりカメラ機能として頑張っているスマホです。「スプリットキャプチャ」と「リアルタイム美肌効果」をしっかりサポート。1300万画素のインカメラで自撮も満足出来ます。更に背面は2つのレンズで約2,020万画素のDUOカメラを実現しています。
スマホ カメラ

Posted in 2015年11月13日 12:00 AM ()

スマホ カメラおすすめ最強機種

スマホ カメラを期待して購入と言う人たちに、本当にカメラ最強のスマートフォンはどれなのでしょうか。
isai vivid LGV32もカメラ重視の人に結構おすすめ出来るスマートフォンです。ここには、F値1.8のレンズを採用した約1,600万画素のメインカメラを搭載しています。このスマートフォンは、 一眼レフが嫉妬するスマホのようです。光学式手ぶれ補正機能、シャッタースピードのコントロールや、ホワイトバランス、露出補正、そしてISO感度の各種パラメーターを調整が可能、一眼レフと同様のマニュアル操作が出来ます。そしてかなり暗い場所においての被写体の検出性能も充実・向上しているとのことです。
HTC J butterfly HTV31もかなりカメラ機能として頑張っているスマホです。「スプリットキャプチャ」と「リアルタイム美肌効果」をしっかりサポート。1300万画素のインカメラで自撮も満足出来ます。更に背面は2つのレンズで約2,020万画素のDUOカメラを実現しています。
スマホ カメラ

Posted in 2015年11月13日 12:00 AM ()

スマホ カメラおすすめ最強機種

スマホ カメラを期待して購入と言う人たちに、本当にカメラ最強のスマートフォンはどれなのでしょうか。
isai vivid LGV32もカメラ重視の人に結構おすすめ出来るスマートフォンです。ここには、F値1.8のレンズを採用した約1,600万画素のメインカメラを搭載しています。このスマートフォンは、 一眼レフが嫉妬するスマホのようです。光学式手ぶれ補正機能、シャッタースピードのコントロールや、ホワイトバランス、露出補正、そしてISO感度の各種パラメーターを調整が可能、一眼レフと同様のマニュアル操作が出来ます。そしてかなり暗い場所においての被写体の検出性能も充実・向上しているとのことです。
HTC J butterfly HTV31もかなりカメラ機能として頑張っているスマホです。「スプリットキャプチャ」と「リアルタイム美肌効果」をしっかりサポート。1300万画素のインカメラで自撮も満足出来ます。更に背面は2つのレンズで約2,020万画素のDUOカメラを実現しています。
スマホ カメラ

Posted in 2015年11月13日 12:00 AM ()

スマホ カメラおすすめ最強機種

スマホ カメラを期待して購入と言う人たちに、本当にカメラ最強のスマートフォンはどれなのでしょうか。
isai vivid LGV32もカメラ重視の人に結構おすすめ出来るスマートフォンです。ここには、F値1.8のレンズを採用した約1,600万画素のメインカメラを搭載しています。このスマートフォンは、 一眼レフが嫉妬するスマホのようです。光学式手ぶれ補正機能、シャッタースピードのコントロールや、ホワイトバランス、露出補正、そしてISO感度の各種パラメーターを調整が可能、一眼レフと同様のマニュアル操作が出来ます。そしてかなり暗い場所においての被写体の検出性能も充実・向上しているとのことです。
HTC J butterfly HTV31もかなりカメラ機能として頑張っているスマホです。「スプリットキャプチャ」と「リアルタイム美肌効果」をしっかりサポート。1300万画素のインカメラで自撮も満足出来ます。更に背面は2つのレンズで約2,020万画素のDUOカメラを実現しています。
スマホ カメラ