Posted in 2016年3月7日 12:00 AM ()

auスマホから新しいスマホ登場

auは、小型スマホシャープの「AQUOS SERIE mini SHV33」を発売しました。
カラーは4色あり、このスマホの良い部分は、ハイスピードIGZO液晶を使用する事で、画面スクロールが快適に使用できるようになる。
普段、スクロールが遅いなんて感じている方は、とっても良い商品かもしれません。
イライラする事なくスマホをサクサク動かせそうです。
本体価格は、7万200円です。

また、カメラの画素数は約1310万画素とかなりレベルが上がっています。
光学式手ブレ補正も付いて、画像も動画も綺麗に撮影ができるようになっています。

スクロールが早くなると、やはりスマホを手にするのが楽しくなります。
スマホを使用して調べ物をよくする方なんていうの、かなり活用しやすいと思います。
あまりにも、内容が多いものだったりすると、スクロールをするのが嫌になりそうなのですが、「AQUOS SERIE mini SHV33」を使用すれば、そんな事も考えずに済みそうです。
スマホは、毎日使用をするものでもあるので、やっぱり便利に活用ができるものがいいです。
画面のスクロールの早さは、明らかに違いが大きく感じますよ。

スマホでイラッとしたことランキング
スマホでイラッとしたことランキング

ソフトバンクは、折りたたみ式フィーチャーフォン「かんたん携帯9」(シャープ製)を25日に発売します。現金販売価格(税込み)は、MNP/新規契約の場合31,680円、機種変更の場合47,520円となります。「かんたん携帯9」は、3.4インチのメインディスプレイを備える折りたたみ式フィーチャーフォンです。コミュニケーションアプリ「LINE」に対応しているほか、よく連絡する相手を登録できる「楽ともボタン」や、通常時に比べ声を聞き取りやすくする「くっきりトーク」などの機能を搭載することとなっています。主な仕様は以下の通りです。CPUは 1.1GHz、クアッドコアで内蔵メモリは1GBとなっています。ストレージは8GBで外部ストレージは microSDHC(最大32GB)です。サイズ: W51×H113×D17.6mm(折りたたみ時、突起部を除く)重量は約127gとなっています。メインディスプレイは3.4インチTFT液晶でメインディスプレイ解像度:960×540ピクセルです。サブディスプレイは1.3インチ有機ELです。カメラは800万画素となっていますが、フィーチャーフォンではかなりの高画素数となっています。連続通話時間は約480分(4G LTE)/約660分(3G)/約410分(GSM)で連続待受時間: 約460時間(4G LTE)/約630時間(3G)/約530時間(GSM)となります。