プラスワン・マーケティングは、MVNO型の通信サービス「FREETEL SIM」で、メッセンジャーアプリの通信料で追加料金がかからない、「データ通信料0円サービス」の提供を開始しました。既存のユーザーを含めて、新たに申し込むことなく、利用できるようになるものです。新サービスは、LINEやWeChatといったメッセンジャーアプリでやり取りするテキストや写真のデータ通信量が無料扱いになるというものです。アプリの通信で、シグニチャー(信号)を検知してその分を課金対象から外します。ただし動画は対象外となっています。既存のFREETEL SIMユーザー全員が対象で、9日の発表会をもってサービスが開始されました。プラスワン代表取締役の増田薫氏によれば、人によって恩恵を受けられる通信量は異なる、としながら「LINEなどでは子供の写真をやり取りしたりして、1GBくらいはいくのでは」と説明しています。その分、プラスワンにとっては減収要因となるのですが、MVNO市場をさらに拡大させるためには、ニーズにあわせたサービスが必要との考えを示して、収益面での影響を踏まえつつ、ひとまずパイの拡大を目指す方針に基づいた戦略的な仕掛けと説明しています。特典対象のアプリ事業者から収益化を図るのか、という質問には「そういうビジネスはまったく考えていない。(質問者に対して)ぜひ交渉してください(笑)」と冗談交じりで答え、アプリ事業者とともにビジネスモデルを構築したわけではない、としました。
 

Posted in 2016年4月17日 12:00 AM ()

スマホメモリ消耗の原因

スマホ、特にAndroidスマホを持っているという人たちは、このようなことに意識を傾ける必要があります。Androidスマートフォンにおいては、動作スピードの低下の原因となるもののひとつとして考えることが出来るのは、複数のアプリを同時に起動する「マルチタスク」です。

LINE、Skypeなどメッセンジャー系のアプリ、そしてニュースリーダーのアプリなどがバックグラウンドで動作するアプリが複数インストールされていると、それだけCPUやスマホメモリに大きな負担をかけてしまうことになります。

アプリは楽しい、アプリは、未知数存在し、片っ端から、アプリをスマートフォンに入れてやろうという思いは、全然NGです。

スマホAndroidに対しては、アプリと上手につきあっていくということが必要なのです。

新しい学期がスタートして、友だちを出来るだけ多く作ろうと思っている人たちもいるのかもしれませんが、友だちなんて作ればいいというものではないという自覚もそろそろ必要なのではないでしょうか。

今若者の間で流行っている10秒動画というものをご存知でしょうか?

情報番組などでも取り上げられているので、見たことがある人もいるでしょうが、短い時間にまとめられた動画で、笑えたり、アッと驚くことがあったりする面白い動画です。

スマートフォンが普及してどこでもスマホカメラで動画撮影ができて、簡単に編集ができて、さらに公開まで簡単にできるので、特にスマホを活用している高校生などの学生の間で10秒動画のような動画を公開することは多くなってきています。

ここに目をつけたのが熱海商工会議所青年部です。

ここに加盟している約35の事業所が10秒動画を作成したのです。

現在ユーチューブで公開もしていて、「あたみナビ」というサイドでも閲覧可能です。

若い世代への波及効果を期待してのもので、実際にスマホのカメラで撮影したものを短く編集した動画出そうです。

熱海の名所とかではなく、お店や事業所の特徴を表現したものというところが面白く、どのような効果があるのか、まずそもそもどのような動画なのかとてもきになるところですね。

インターネットが普及して、みんなが動画を色々見るようになって、宣伝する側は伝えたいことを発信しやすくなりました。

こういった団体も、私たちひとりひとりの個人も、うまくインターネットを利用して、活用していきたいものですね。

MVNOが提供する、いわゆる「格安SIM」は男性ユーザーの割合が高い傾向にあります。それでも、少しずつではありますが女性ユーザーも増えてきているのです。もっとも、購入の傾向には、有意な男女差が見られるようです。
 「イノベーター層」への普及が一巡し「アーリーアダプター層」への普及期にさしかかったMVNO(仮想移動体通信事業者)のいわゆる「格安SIM」です。このステージにおいては、女性ユーザーの比率を高めることが課題となるのですが、障壁も少なくないといわれています。女性は「格安SIM」に“不安”を覚える? MVNO2社が語る普及への課題と解決法は。ただ、MVNOサービスにおける女性ユーザーは少しずつではあるが増えてきています。女性の格安SIMユーザーは、男性と比べてどのような特徴があるのでしょうか。女性は「音声通話対応プラン」「端末セット」の傾向が強い。MVNOサービスの利用者に限定して実施した調査によると、データ通信用プランと音声通話対応プランの契約比率はおおむね「6対4」となっている。しかし、女性ユーザーに限定すると、その比率が「半々」になったそうです。このことから女性は、音声通話対応プランに対するニーズがより高いことがうかがえます。利用する端末にも特徴があります。男性は端末を別途購入する人が一番多く、もともと使っていた端末をそのまま使い続けるケースや中古端末を使うケースも多いのです。それに対して、女性はSIMと端末をセット購入する人が一番多く、それに端末の別途購入が続いているのです。女性は、男性よりもSIMカードと端末のセット販売に魅力を感じているようです。
 

Posted in 2016年4月6日 12:00 AM ()

” スマホCPU Central Processing Unit “

スマホ CPUが何かということをしっかり見て、スマートフォンを購入しなければなりません。

しかし本当にスマートフォンを購入するために、私達はいろいろな質問をしなければなりません。

しかし、お店の人たちがそれに答えてくれるのかと言えば、残念ながらそうでなく、かなり呑気な新人という場合もあります。

まず、ちょっと難しい質問をお店の人にしてみて、それに答えることが出来ないばあい、そのお店で取り敢えず買わないという選択肢もあります。

さて、スマホCPUについて、お店の人たちが簡単に答えることが出来ない質問は何かということで再び頭を悩ませてしまう訳ですが。

CPUを正式に言ってください。Google Mobile Service! アウトです。Read Only Memory、それもアウト、 Central Processing Unitが正しい。

なかなかお店の人たちは、このような回答が言えないのです。

CHANELをpresentしてくれる、街で援助交際しているUltramanとでも、お店の人が言えば、ギリギリセーフです。

 

Posted in 2016年3月24日 12:00 AM ()

スマホバッテリーの問題のストレス

スマホバッテリーを意識して購入するという場合、バッテリーが大容量でも、長持ち出来ない機種があると言います。大容量というのに、連続待受時間が短いスマホがある理由は、使用されているパーツが違うからです。

どのパーツでどの程度電気を使用するかということで事態は全然変わって来てしまうものです。性能のいいパーツを使用することでよりスマホバッテリーは持たなくなってしまうことになります。

だから、基本的に高性能のスマートフォンって、やっぱりバッテリー問題を裏腹に抱えていたりするものなのです。まあメーカーは、それでも私達の最大の悩み、スマホバッテリーの問題を最大限に考えてくれてはいるのでしょうけど。

今、スマートフォンを使用している人たちはバッテリーの問題を本当にストレスに感じて、ほとんどの人たちが「モバイルバッテリー」を持っていたりします。省電力モードとか、節電モード系の機能を意識したりして、やっぱりかなり神経を使う問題です。

Posted in 2016年3月23日 12:00 AM ()

スマホおすすめ 格安SIM

スマホおすすめはやっぱり格安スマホ?しかし、格安SIMなど購入時にやっぱり用心しなければならないことが一杯あり、簡単に初心者の人たちが手出し出来ないのではないでしょうか。

しかし、初心者ゆえ、何がなんだか判らずスルーでそれでいいのかもしれませんが。それでも初心者の人たちも格安スマホのデメリットをいつか気付く筈です。

通信速度が遅く、また月にダウンロードできるデータ容量が少ないデメリットがあります。

しかし、問題は、みなさんがどのような格安SIMを選択するかということで解決することが出来ます。

例えば、「U-mobile(ユーモバイル)」の「LTE 使い放題」プランなら、次世代高速通信・LTEで容量制限なしですよ。

ここまで選択する時に目を向けることが出来ればいいですけどね。

どうでしょうか。

そして、格安SIMと同時にスマートフォンを購入しなければなりません。au スマホなら、割引を受けることが出来るかもしれませんが。そんな時は、中古のスマートフォンも視野に入れましょうよ。

photoiPhone_zpsggrn0bsy.jpg

格安スマホなんてスマホ充電問題など心配と感じていたりするものではないでしょうか。

ただ安いというのでは、バッテリーが全然もたないスマホを掴まされてしまうかもしれませんし。

その時、HUAWEI P8maxなどを購入していただきたいと思いますが。

それはHUAWEI製のスマートフォンです。スマホバッテリーは4,360mAhです。タブレットにも匹敵する脅威の4000mAh超え!いろいろな場所でモンスターとも呼ばれていたりします。

しかしこれ程バッテリーに期待出来るということは、スマホ自体のサイズが大きいということを証明しているかのようなスマートフォンです。購入する前にしっかり実物を見て購入した方がいいかもしれません。あっ、やっぱデカイ!と思ってしまうはず。

HUAWEI honor6 Plusも3,600mAhという容量のスマートフォンです。これは、楽天モバイルから発売されているHUAWEI製スマートフォンです。iPhone6S plusよりも小さくてなかなかだと思いますが。

Posted in 2016年3月20日 12:00 AM ()

ドコモ スマホ やっぱり料金が大変

子供さんにスマホを与える時、一体お母さんは何を注意しなければならないのでしょうか。中学生でも8割くらいの子供がもう当たり前にスマートフォンを持っていると言います。もうやっぱりご自分の子供さんにもドコモスマホを与えていい時期かもしれません。

もう子供さんはゲームボーイで喜んでいる時代ではありません。しかし、お母さんは、子供さんまでにスマートフォンを与えてしまえば、料金が本当に大変ではありませんか。そんな時、ドコモスマホSoftBankスマホなど大手に目を向けるのは正しい選択だと思いますが。

学割キャンペーンを有効的に利用してみましょうよ。最大12か月間は毎月800円割引、最大36か月間はデータ通信料を毎月6GB付与、こんな魅力あるキャンペーンです。

そして、格安スマホというのも方法です。スマートフォン初心者は全然格安スマホで問題はありません。格安スマホでゲームがサクサク出来ないと子供さんが文句を言えば、そんなものはするな!と突き返してやりましょう。

Posted in 2016年3月18日 12:00 AM ()

“撮り方で普通のカメラとの大差なし “

スマホカメラの撮影の基本ですが、レンズを拭く事について。当たり前のことながら、これは結構忘れています。いざカメラ!というときにさっとレンズを拭く習慣をつけておきましょう。次に、被写体を縦長に撮るか、横長に撮るかということです。好みといえばそうなのですが、カメラを構えた時に、これは結構悩むものです。それで、縦長は建物、人物やレストランの食事など、横長で撮るものは自然や広さを感じさせたいもの、と基本を覚えておけばまず間違いないでしょう。次はスマホカメラのフラッシュです。夜中に撮るならオンでも構わないのですが、かなり白くなってしまうので、ちょっと弱いかなと思うくらいの暗さならフラッシュは使わないほうが良いのです。ですから、基本はoffにしておきましょう。そして、光の向きですが、真横からの光か、斜め上からの光で撮影すると自然な感じになります。撮影の位置は、ズームは使わず被写体に近づき、低めの位置から撮ります。これで、まるで一眼レフカメラで撮ったようなできあがりになります。スマホカメラのピント合わせですが、オートフォーカスが付いているからといって油断してはいけません。ディスプレイに出てくるフォーカスポイントでピント合わせをするタイプやシャッターを切った瞬間にピントがあうタイプなどいろいろです。