Posted in 2015年10月29日 12:00 AM ()

au スマホ 夜景をキレイに撮る

au スマホのカメラに
大いに期待している人たちはかなり多い筈です。しかしなかなか夜の花火大会の撮影と言うことになれば、スマホのカメラ撮影に満足が出来ない人たちも多いようです。
スマホの場合ではスマホ用三脚を使って固定しないと手ぶれになってしまうこともちょっと頭に入れておきましょう。つまり美しい夜景を撮るためには、マホ用三脚を使って本体が動かないように固定することが結構大事なポイントです。
特に暗い場所は撮影に十分な光を得るためシャッタースピードが遅くなります。したがってシャッターが開いている間、本体を動かないように固定しておく必要があります。それが出来ないからなかなかキレイな写真を撮影することが出来ないのです。
もちろん三脚が無いと言う時もあるでしょう。そのような時、両脇をしっかりとひき締めて、両手でしっかりスマートフォンを持ってください。
そしてBluetooth接続のカメラシャッターリモコンを出来れば使用してください。シャッターを切る瞬間に画像を動かしてしまわない為にです。

Posted in 2015年10月28日 12:00 AM ()

女性の健康増進につなげる

ドコモのスマホでまた面白いサービスを受けることができるようになったそうですよ。ドコモ・ヘルスケアとオムロンヘルスケア、そして若い女性に非常に人気のあるABC Cooking Studioがそれぞれの強みを生かしたサービスを行うとのこと。オムロンは体温計や血圧計など、ABC Cooking Studioは料理のレッスンなど。実際、どのように利用するかと言うと、妊活をしている女性の場合、オムロンの婦人体温計で基礎体温を測り、それをスマホで転送。これをドコモのアプリ、カラダのキモチというアプリで管理。それを確認してABC Cooking Studioが食事の診断をしたりカウンセリングまで行ってくれるんだそうです。しかもこのカウンセリングは対面で。至れり尽くせりですね^^体温や食生活を知ることで、より妊娠しやすい体へと導いていこうという狙いのようです。でも、自分がこのようなサービスを受けたいか?と聞かれると・・ちょっとね^^こんなことするよりも、病院で指導してもらう方がもっと簡単なんじゃないの?とも思ってしまいます。。女性の大きな悩みをこのようなアプリで解決できればそれはそれで良いのかもしれませんが。・・って言っときながら、すごいヒットしたりして^^スマホ ギャラクシー

Posted in 2015年10月27日 12:00 AM ()

比較するなら通話をどうするかを考える

格安SIMと通常のSIMの違いは通話プランの違いといってもいいかもしれません。データ容量による通信は格安SIMの圧勝とってもいいでのすが、こと通話に限っていうと格安SIMには通常の通話が基本となります。これは30秒20円ですから、3分で120円になります。1時間話したら2400円になりますからこれはかなりの料金になります。キャリアの通話プランでは2700円で話し放題になっていますから格安SIMは通話については話にならないレベルになってしまうのです。ですのでデータのやりとりだけに限る使い方のほうがいいでしょう。通話に限ってはPHSを利用するのも手ですね。もっとも1時間以上利用するのであれば、格安SIMよりもキャリアスマホのほうがいいでしょう。逆にいうと格安SIMでは通話をしないほうがいいくらいに考えたほうがいいでしょう。通話アプリで通話料金を半額にするものがあるのですが、それでも2時間以上通話したら足が出てしまいますので、そのあたりはしっかりと考えておいたほうがいいと思います。スマホの利用を考える場合はまずは通話をどうしたら良いかを考えたらいいでしょう。今では通話はおまけのように見られていますが、本来は通話がメインであるはずですから、まずは通話をどうするかで考えなくてはいけません。

Posted in 2015年10月26日 12:00 AM ()

ドコモ スマホ 新しいラインアップ

ドコモ スマホにおいて来年に向けての、新しいスマートフォンがラインアップしました。
Xperia Z5 Premium SO-03Hは、 世界初、「4Kディスプレイ」を搭載した5.5型ディスプレイのフラッグシップモデルです。Xperia Z5 SO-01Hでは、
世界で一番最速の0.03秒AFが利用できる23Mカメラを搭載しています。
Xperia Z5 Compact SO-02Hでは高速AF対応・23Mカメラ、指紋センサー、キャップレス防水・防じんなどスペックがとても充実しており、 4.6型液晶・コンパクト設計です。
更にAQUOS ZETA SH-01H、 AQUOS Compact SH-02H、arrows NX F-02H、 arrows Fit F-01H、Galaxy Active neo SC-01H、Disney Mobile on dcomo DM-01H、Wi-Fi STATION N-01H、dtab d-01H、P-01Hと言ったスマートフォンがdocomoより登場します。
やはり大きく期待したいのは「4Kディスプレイ」なのではないでしょうか。Xperia Z5 Premium SO-03Hは一度絶対に触れてみたいスマートフォンです。そろそろ市場にお目見えする筈ですが。

スマートフォンとはつくづく扱う人間によって無限大の可能性があるものだなと最近思う。
パソコンも同じように、用途によって様々なプログラムを入れて、様々な使用方法があるが、さらにスマートフォンは外で簡単にもちあるけ、いつでも見ることができる利便性がある。クラウド化によって、端末自体の容量を考えなくていいので、その利用方法は広がるばかりだ。
「次世代農業EXPO」でベジタリアがブースに置いた「PaddyWatch」はまさにその可能性を一つ広げた新しいシステムである。
ターゲットは田んぼである。
田んぼに子機のポール上の機器を刺しておき、水温や水位、湿度、温度を親機に集約してデータ化し、ドコモの3G回線を利用してクラウドに集約するシステムで、スマートフォンやタブレットでその情報を閲覧することができるというものだ。
大規模な農家だと、そういった情報を毎日見回ることに数時間を要しているそうだ。そうしないと、水の温度や水位で、稲に様々な影響が出て、品質が下がってしまうからだ。つまり品質が高い米ほど手をかけられているものということだ。
またこの内容を個人だけではなくJAや県の指導員と共有するということで、栽培の指導にも役立つのではないかとされている。
農家兼業の方であれば、離れたところで別の仕事をしながら田んぼの見回りもできてしまう。
田んぼを持っている方で、見回りについて苦労していた人たちににとっては興味をそそられるツールとなりそうだ。

スマートフォンとはつくづく扱う人間によって無限大の可能性があるものだなと最近思う。
パソコンも同じように、用途によって様々なプログラムを入れて、様々な使用方法があるが、さらにスマートフォンは外で簡単にもちあるけ、いつでも見ることができる利便性がある。クラウド化によって、端末自体の容量を考えなくていいので、その利用方法は広がるばかりだ。
「次世代農業EXPO」でベジタリアがブースに置いた「PaddyWatch」はまさにその可能性を一つ広げた新しいシステムである。
ターゲットは田んぼである。
田んぼに子機のポール上の機器を刺しておき、水温や水位、湿度、温度を親機に集約してデータ化し、ドコモの3G回線を利用してクラウドに集約するシステムで、スマートフォンやタブレットでその情報を閲覧することができるというものだ。
大規模な農家だと、そういった情報を毎日見回ることに数時間を要しているそうだ。そうしないと、水の温度や水位で、稲に様々な影響が出て、品質が下がってしまうからだ。つまり品質が高い米ほど手をかけられているものということだ。
またこの内容を個人だけではなくJAや県の指導員と共有するということで、栽培の指導にも役立つのではないかとされている。
農家兼業の方であれば、離れたところで別の仕事をしながら田んぼの見回りもできてしまう。
田んぼを持っている方で、見回りについて苦労していた人たちににとっては興味をそそられるツールとなりそうだ。

スマートフォンとはつくづく扱う人間によって無限大の可能性があるものだなと最近思う。
パソコンも同じように、用途によって様々なプログラムを入れて、様々な使用方法があるが、さらにスマートフォンは外で簡単にもちあるけ、いつでも見ることができる利便性がある。クラウド化によって、端末自体の容量を考えなくていいので、その利用方法は広がるばかりだ。
「次世代農業EXPO」でベジタリアがブースに置いた「PaddyWatch」はまさにその可能性を一つ広げた新しいシステムである。
ターゲットは田んぼである。
田んぼに子機のポール上の機器を刺しておき、水温や水位、湿度、温度を親機に集約してデータ化し、ドコモの3G回線を利用してクラウドに集約するシステムで、スマートフォンやタブレットでその情報を閲覧することができるというものだ。
大規模な農家だと、そういった情報を毎日見回ることに数時間を要しているそうだ。そうしないと、水の温度や水位で、稲に様々な影響が出て、品質が下がってしまうからだ。つまり品質が高い米ほど手をかけられているものということだ。
またこの内容を個人だけではなくJAや県の指導員と共有するということで、栽培の指導にも役立つのではないかとされている。
農家兼業の方であれば、離れたところで別の仕事をしながら田んぼの見回りもできてしまう。
田んぼを持っている方で、見回りについて苦労していた人たちににとっては興味をそそられるツールとなりそうだ。

スマートフォンとはつくづく扱う人間によって無限大の可能性があるものだなと最近思う。
パソコンも同じように、用途によって様々なプログラムを入れて、様々な使用方法があるが、さらにスマートフォンは外で簡単にもちあるけ、いつでも見ることができる利便性がある。クラウド化によって、端末自体の容量を考えなくていいので、その利用方法は広がるばかりだ。
「次世代農業EXPO」でベジタリアがブースに置いた「PaddyWatch」はまさにその可能性を一つ広げた新しいシステムである。
ターゲットは田んぼである。
田んぼに子機のポール上の機器を刺しておき、水温や水位、湿度、温度を親機に集約してデータ化し、ドコモの3G回線を利用してクラウドに集約するシステムで、スマートフォンやタブレットでその情報を閲覧することができるというものだ。
大規模な農家だと、そういった情報を毎日見回ることに数時間を要しているそうだ。そうしないと、水の温度や水位で、稲に様々な影響が出て、品質が下がってしまうからだ。つまり品質が高い米ほど手をかけられているものということだ。
またこの内容を個人だけではなくJAや県の指導員と共有するということで、栽培の指導にも役立つのではないかとされている。
農家兼業の方であれば、離れたところで別の仕事をしながら田んぼの見回りもできてしまう。
田んぼを持っている方で、見回りについて苦労していた人たちににとっては興味をそそられるツールとなりそうだ。

通話料金で比較すると、通話定額を利用している人も多いかと思います。ここにきてというか去年あたりから始まった通話定額はいよいよ通話料金が安くなった・・と感じている人も多いはずです。それでも通話放題は2700円かかります。これはどのキャリアも比較するまでもなく横並びの2700円です。さすがにこれでは値頃感がないのか5分以内の通話に限定する通話放題ライトを各キャリアがこの夏出してきました。実質の値下げと言っても良いプランでこれもまた横並び価格の1700円です。しかし5分というのは用件人間にとってはリーズナブルですがちょっと話し込んだら5分というのは短いです。サポートに電話したら待ち時間だけで5分はかかってしまうでしょう。こうなるとこのようなプランではなくスカイプなどの通話を利用すると言う手もあります。LINEなどの無料通話はだめ?という話しになると思いますが通話品質が違います。スカイプも同じサービスがあるのですが、有料通話もできるのです。それが換算が難しいのですが1分で10数円です。これは30秒20円の通話料金が基本となっていますので、通話定額の2700円も元をとるために話しまくるのか常にお金を意識してスカイプで話すのかということですが、意識しながら話してもスカイプ有料通話のほうが安上がりかもしれません。

通話料金で比較すると、通話定額を利用している人も多いかと思います。ここにきてというか去年あたりから始まった通話定額はいよいよ通話料金が安くなった・・と感じている人も多いはずです。それでも通話放題は2700円かかります。これはどのキャリアも比較するまでもなく横並びの2700円です。さすがにこれでは値頃感がないのか5分以内の通話に限定する通話放題ライトを各キャリアがこの夏出してきました。実質の値下げと言っても良いプランでこれもまた横並び価格の1700円です。しかし5分というのは用件人間にとってはリーズナブルですがちょっと話し込んだら5分というのは短いです。サポートに電話したら待ち時間だけで5分はかかってしまうでしょう。こうなるとこのようなプランではなくスカイプなどの通話を利用すると言う手もあります。LINEなどの無料通話はだめ?という話しになると思いますが通話品質が違います。スカイプも同じサービスがあるのですが、有料通話もできるのです。それが換算が難しいのですが1分で10数円です。これは30秒20円の通話料金が基本となっていますので、通話定額の2700円も元をとるために話しまくるのか常にお金を意識してスカイプで話すのかということですが、意識しながら話してもスカイプ有料通話のほうが安上がりかもしれません。